見た目年齢を決める目の周りのケアで気をつけるポイント


人の見た目年齢を決める中心は目です。

人は目を見てその人が誰かを判断するからです。それくらい他人はあなたの目を見ているんですね。

だからこそ重要な目の周りのスキンケア。

重要性を理解している人ほど実は間違ったケアをしていることが目立ちます。

マッサージ
パック

これらは一見効果がありそうですが、肌への刺激がそれなりにあるため、あまり長く、そして強くやってはいけません。どうしても綺麗にしようと頑張りすぎてしまい、それが原因でシワを作っている人が多くいます。

目の周りほどケアするというより、全てを乗せる感覚で行います。

クリームであっても乗せるだけ。

温めるだけでも温めたてを当てるだけ。

このように皮膚をずらさないのが目の周りのケアの重要必須ポイントです。あくまで皮膚の上に乗せたものだけを滑らせる。決して手と目の周りの皮膚を一緒に動かさないことが重要です(目の周りのスキンケア大全集参照)。

そしてもう既にシワが目立ってきているなら、それを伸ばそうとしないこと。

シワは伸ばしても意味がありません。むしろ悪化します。

このような場合、目の周りの保湿を維持するだけでも見た目はかなり変わってきます。

そして保湿も重要な点があります。

いわゆる潤いを求めるだけではダメということ。必ず肌に水分を増やす取り組みが必要です。よくうるおい感だけで満足している人が多いですが、それは自己満足にすぎないため意味がありません。必ず肌水分量を増やすということを意識してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加