夏の美白は逆効果?さらに肌を黒くするかも


夏といえば肌の露出が増えて肌色が気になりだします。

そこで人気となるのが美白化粧品。肌を白く透明感あるきれいな肌へ導きます。

でもその美白化粧品。実は肌を乾燥させることを知っていましたか?

そしてその乾燥は日焼けを悪化させてしまい、今より肌を黒くしてしまう可能性もあります。

美白成分はメラニン色素に働きかける強力な作用がある反面、その分だけ肌を乾燥させてしまいます。

肌が乾燥するとターンオーバーが遅くなり、増えてしまったメラニン色素を追い出すのに時間がかかってしまい、秋になっても肌が黒いままになります。

そしてそのまま冬に突入すると乾燥がひどくなり、カサカサ肌に。そしてカサカサ肌のまま次の夏を迎えるとさらに日焼けしやすくなる…

という逆美白の連続となってしまいます。

つまり、美白化粧品を使う際は保湿が欠かせないということ。ところが美白化粧品の多くは使うと乾燥を感じるものばかり。美白に特化している分、潤いについては劣っているものが目立ちますね。

かといって保湿成分で肌がべたついてはやっていられません。見た目もテカったり濡れているような感じになるので、美白しながらの保湿は、実は結構難しいんです。

どんな美白化粧品なら乾燥しないかな?というのは、美白化粧品の保湿実感についてアンケートがまとめられているサイトがあるので参考にしてみてください。

なかには、保湿しているのではなく、乾燥していないように感じさせるごまかしのものもあります。これは空気が乾いてくる秋になってから気づくため、夏の間はいいと思って使っていても、実際は乾燥していたなんてことも。

洗顔後の肌の状態などで、自分の肌が美白化粧品使用後より乾いていないかチェックしてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加